iBRIDGEのiOS11対応
ファームウェアアップデート方法


iBRIDGEのファームウェアのアップデート(更新)を行うとiOS11での利用が可能になります。

また、アップデートを行った場合も iOS10で継続してご利用いただけます。


インストールについて

iBRIDGEをiOS11で利用する方は、
ファームウェアアップデータをダウンロードして、
ファームウェアアップデートを行うことで
iBRIDGEがiOS11に対応し、
MobileMemoryアプリでの操作が可能になります。

注意:ファームウェアのアップデートで
iBRIDGE内のファイルに変更が加わることはありませんが、
安全のため必要なデータは必ずPC等にバックアップを行ってから
アップデート作業を行ってください。


ファームウェアアップデータの
ダウンロード
(Windows7 または それ以降専用)






macOS用インストーラーは近日配布予定です。
ファームウェアアップデートをビデオで確認(英語)





iBRIDGE3はiOS11に対応しています。
アップデートをしないでください。




ファームウェア
アップデート方法

1. 最初に以下のものをそろえます。
  • iBRIDGE本体
  • Windows 7 または それ以降がインストールされたPC
    (macOS用のインストーラーは近日配信予定です)
注意:ファームウェアのアップデートでiBRIDGE内のファイルに変更が加わることはありませんが、 安全のため必要なデータは必ずPC等にバックアップを行ってからアップデート作業を行ってください。
2. iBRIDGEをPCのUSBポートに接続して下さい。
3. ファームウェアアップデータをダウンロードする
ファームウェアアップデータの
ダウンロード
(Windows7 または それ以降専用)


4. ZIPファイルを解凍する
(右クリックで「すべて展開」を選択し、
展開した場所にアクセスしてください。)

5. iBridgeUpdaterを実行する
(プログラムの変更許可が出た場合は「はい」を選択してください)
(「WindowsによってPCが保護されました」と表示された場合は、
詳細情報をクリックし、「実行」を選択してください)

6. Update Nowをクリックする

7. アップデートが成功したらcloseをクリックする

以上でアップデートは完了です。

アップデートが上手くいかない場合どのようにすればいいですか?
以下の操作をお試しください。

1. iBRIDGEがPCのUSBポートにしっかり接続されていることをご確認ください。


2. 別のUSBポートでお試しください。また、USB HUBは使用しないでください。

3. PCを再起動して再度お試しください。

4. iPhoneまたはiPadにiOS11の最新バージョンがインストールされていることを確認してください。

5. iBRIDGEをFAT32またはexFATでフォーマット(初期化)してから、再度お試しください。
(フォーマットの際はiBRIDGEが初期化されますので、必要なデータは必ずバックアップしてからお試しください)

6. 以上を試しても正常に動作しない場合、http://leef-jp.comのお問い合わせからメールでご連絡ください。